ランキング

レンタルサーバーランキング(個人向け) 経験者におすすめベスト3

更新日:

レンタルサーバーランキング(個人向け)経験者におすすめベスト3

1位 mixhost スタンダードプラン
2位 エックスサーバー x10プラン
3位 ヘテムル ベーシックプラン

経験者の点数表についてはこちらを参照していただけたらと思いますが、これは月額1,000円以内を想定して作った比較表です。
そのため、お金に余裕がある人の場合はさらに上位のスペックにすることでより快適にサイト作成が可能になるmixhostが群を抜いておすすめとなります。

エックスサーバーの場合は、上位プランに変更をしても能力はそれほど変わらないのに対して、mixhostは上位プランにすればするほどコア数・メモリは増加し、さらに処理速度等のスペックアップが可能となります。

通常のレンタルサーバー(多くの人は共用サーバー)の場合は、上位プランになってもスペック自体はそれほどか変わらないのに対して、mixhostはスペックアップしていく事になります。

これはなぜかといいますと、mixhostも同じ共用サーバーではありますが、クラウド型なので上位プランになるほどこのコア数・メモリがよりいいものになっているからです。

これがmixhostの1つの強みであるといえるでしょう。

サーバー経験者ならご存知かもしれませんが、上位プランになったとしても金額ほどスペックアップはしません。

通常は上位プランにはあまりお得感がないため、複数契約をすることでIP分散も兼ねて複数契約しますが、mixhostは上位プランにするほどスペックが上昇するので選択する余地は十分にあります。

ただし、上位プランは金額的に高くなるのでライバルとしてvps、クラウド、専用サーバーといった選択肢も視野に入ってくることになります。

しかし、これを選択する場合、通常ある程度のサーバー知識が必要となるためvpsでさえ参入してくる人はかなり少ないのが現状と言えます。

しかし、これは逆にいうと知識があればかなり安く高性能なサーバーを運用することができるともいえます。これはmixhostの速さの比ではありません。

vpsは価格が高くなってしまうのが通常ですが、conoha等のレンタルサーバーを使えば相当安くvpsを利用する事ができます。

ただ、このページでは共用サーバーに絞ってランキングベスト3について話をしたいと思います。

それでは、各レンタルサーバーのランキングトップ3の長所、短所を見ていきたいと思います。

ランキング1位 mixhost

○良い点

・エンジンエックスよりも速いライトスピードを採用

・他の利用者の影響を受けづらい
→共用サーバーは他の利用者の利用状況の影響を受けるのですが、
例えば土日などは利用する人が多いため、場合によっては重たくなる事がごくまれにあります。

しかし、mixhostは新規参入会社であるため利用者が少なく、他の利用者の影響を受けることはほぼありません。

mixhostは最初の頃、少しのアクセスでいっぱいいっぱいになっていたり、サーバー自体もつながらなかったりといったことがありましたが、日が経つにつれ驚くべき成長率で解消されています。

機能の豊富さはトップのエックスサーバーに多少劣る程度でほぼ同じ

自動バックアップに関しては全て無料

アダルト利用可能

アプリ機能の超充実
→アプリはこれでもかというくらいたくさんあります。(好きな人にはたまらないでしょう)

×悪い点

・電話サポートがない
→(サーバー障害等を除いた)トラブルがあったとしても自分でそれを解決しなければなりません。
例)設定をしたら画面が白くなった、サイトにつながらないなど・・

・初心者にはややとっつきにくい管理画面
(慣れれば何も問題はなく、この管理画面が使いやすいという人もいらっしゃいます)

△気になる点

・容量はSSD30GBなので、基本これだけあれば使いこなせない量なので問題はないでしょう。

ただ、複数サイト運営、長く運営、画像を多めなどの場合は多少気になる点ではあります。
その場合は上位プランに変更するなどの対応をすればいいかと思います。

mixhostのサイトはこちら

 

ランキング2位 エックスサーバー

○ 良い点

長い実績と超安定サーバー

多機能

電話対応がすばらしい

エックスサーバーは容量を時々無料でグレードアップしてくれています。
(こちらは何もせずに自動で容量が増えています、それも2倍くらいに増えるサービスをしてくれています)

最近のレンタルサーバーは容量が多くなってきて実際のところ容量についてはそれほど必要性はないかもしれませんが、こういったサービスをしてくれるのはうれしいものです。

自動バックアップあり(復旧時のみ10,000円程度かかります)

バックアップについて

これはあくまで「自動」の話で、バックアップはすごく簡単ですぐとることができます。
(サイト自体の大きさにもよりますが、小さいと10秒程度でできます。)

周りではデータが消えたというのを時々聞きますので、バックアップは自分で定期的にとるのがいいかと思います。また、サーバーを長く使っているプロであってもうっかりデータを上書きしてしまうこともあります。

 

× 悪い点

・アダルト利用不可

・WebDav未対応

正直にいうと悪い点はないんですよね。
そんなことはないでしょ?何か1つはあるでしょ?と思っている人もいらっしゃるでしょう。

そこで細かいところを突っついてあえて悪いところ?をあげて見ます。

エックスサーバーはバランスが取れたサーバーですが、バランスでいうとロリポップもバランスがいいサーバーです。こちらは月額500円で利用できるのに対して、エックスサーバーは月額900円かかることになります。

つまり、月額1,000円程度払うのが高いと感じる人にとっては、エックスサーバーの月額900円は欠点になるでしょう。

ただし、ロリポップが500円、エックスサーバーが900円という差はきちんとした理由があります。

ロリポップ(月額500円との違い)

1.サーバーの安定度です。
エックスサーバーはとにかく安定したサーバーで障害などもほとんどなくストレスなくサイトを運用することが可能です。
2.自動バックアップあり
3.ワードプレスは高速(モジュール版)
4.HTTP/2に対応してるためhttpsサイトでは高速
5.サーバーの管理画面が使いやすい
6.容量は高速読み書きができるSSDを採用

以上のような違いがあるため月額500円と月額900円になっているのだと思います。

mixhostと比較

次にライバルであるmixhostと比較してみると両者ともに必要な機能はすべてそろっています。
違いがあるとすれば
・エックスサーバーが安定度+電話対応
・mixhostは高速化とアプリの充実+無料バックアップ+アダルト利用可能

といったことになるのかなと思います。

エックスサーバーのサイトはこちら

ランキング3位 ヘテムル

上位2つが飛びぬけていいのですが、そこで、ヘテムルのレンタルサーバー自体の優れている点に着目してみたいと思います。

○ 良い点

・エックスサーバーと似ていて高バランス型のサーバー
・月額800円で利用可能なのでmixhost880円、エックスサーバー900円よりも安い
・HTTP/2に対応済
・容量は高速読み書きができるSSDを採用し大容量の100GB
・自動バックアップ対応
・電話対応あり
・ヘテムルフェイスブックあり
→この連携は上位2つにはない魅力的なサービスであり、個人の日記・ブログ、個人経営・ネットショップ、アフィリエイトサイトなどいろいろな場面で強力な力を発揮させやすい
・ヘテムルカラーミーショップでネットショップの運営の導入部分を体験することができる。
※これは取扱商品が限定されすぎているので、これを使ってネットショップを運営していくことはほとんどできませんが、本家であるカラーミーショップに移行することもできるので、使い始めとして利用できるので○

重要mixhost、エックスサーバーにもなくて便利に使える機能がWebDavと呼ばれる「ファイル共有」機能がこのヘテムルでは利用することが可能です。

ファイル共有はディスクの空き容量を利用することができるので、ディスクが大容量であるヘテムルはさらにおすすめとなります。

× 悪い点

バランス型はやはり欠点らしいところはありませんがあげるとすると
1位のmixhostと比較すると高速化・アプリ充実の点が劣るところ
2位のエックスサーバーと比較するとサーバーの安定度・分かりやすさ・サポートの点が劣るところ

劣るというよりも1位、2位の長所とも言うべきところですが、あえて悪い点としてあげてみました。

ヘテムルのサイトはこちら

 

まとめ

経験者の場合は、この上位3つのサーバーは相当のスペックで正直どれを使っても後悔しないレンタルサーバーといえるえしょう。

選ぶ基準

速度・アプリ充実ならmixhost

安定・サポートならエックスサーバー

ソーシャル利用、ファイル共有機能ならヘテムル

それぞれ特徴があるので選ぶ際の一つの目安となるでしょう。

 

 

-ランキング

Copyright© 【レンタルサーバー比較ランキング+α】"おすすめNo1"が分かるサイト , 2019 All Rights Reserved.