比較

レンタルサーバー比較【速度・レスポンス】で選ぶ(月額500円以下)

更新日:

サーバー速度・レスポンス比較

レンタルサーバーを選ぶ上では欠かせない”速度

このページではサーバーの速度・レスポンスの速度に注目し、月額500円以下という予算の中で比較をしています。

 

プラン比較表

順位 1位
2位 3位
4位
会社 wpxクラウド corepress z.comWP JETBOY
プラン A CP-1 エントリー ミニ
初期費用 無料 無料 1,000円 500円
月額費用
500円
500円
400円 290円
ワードプレス
マルチドメイン 1個 3個 5個 無制限
サブドメイン × × × 無制限
メールアドレス 機能なし 機能なし 無制限 無制限
転送量 1万pv 1.5万pv 1.9万pv 0.16万pv
ディスク容量SSD 10GB 10GB 10GB 5GB
バックアップ
電話サポート × ×

 

その他の機能表

会社 wpxクラウド corepress z.comWP JETBOY
FTPアカウント
MySQL
メール転送 機能なし 機能なし
メーリングリスト 機能なし 機能なし
アダルト × × ×

1位 wpxクラウド Aプラン

PHPは最新の7.1、HTTP/2対応、独自SSL無料、無料お試し14日間

wp専用(特化)のクラウドなのでかなりさくさくサイト運営をすることが可能ですし、何よりエックスサーバーのワードプレス専用(特化)なのでサーバーの安定性・信頼度はあるのはいうまでもないでしょう。

月額500円の中では最速のレスポンスだと思います。

2位 corepress CP-1プラン

独自SSL、独自IPアドレスも取得できその場合は月200円
SFTP(本番、ステージング)機能あり、サイトコピー機能あり

2番目に速いのはこちらでしょう。
しかし、転送量を超過した場合、つまりアクセスが多くなって制限を超えた場合は課金対象になります。

ユニーク数1,000人あたり100円の追加費用が必要となりますので、予想外に多くのアクセスがあると思いもよらない出費になるかもしれません。

3位 z.comWP エントリープラン

本番、ステージング機能あり、サイトコピー機能あり
エックスサーバーと同じnginxを採用、認証はEV認証までの最高レベルの選択も可能(3段階)

1位、2位はメールを利用することができないのが欠点ですが、このz.comWPはメールを利用することができます。
また、ワードプレスが使用できる個数は、1位1個、2位3個であり、z.comWPは5個使用することができ、2位はアクセスを超えた場合は課金対象になるのに対してこちらは課金対象にはなりません。

さらに、バックアップは無料ででき、電話サポートまで対応しており、格安でなおかつバランスが取れたクラウドサーバーです。

4位 JETBOY ミニプラン

PHPは最新の7.1、HTTP/2対応

月額290円と上位3つと比較してもかなり安く利用することができ、月額500円以下の共用サーバーではもはや最速といえるでしょう。

 

当サイトの評価レビュー

共用サーバーは他の利用者の影響を受けることから速度・レスポンス重視で比較した場合の上位3つがすべてクラウドサーバーとなり、4位は共用サーバーではあるけどクラウド型という結果になりました。

ポイントはメールになるでしょう。
メール機能が不要な場合は1位のwpxクラウド、2位のcorepressから選択するのがいいでしょうし、メール機能を使う場合は3位のz.comWP、4位のJETBOYから選ぶのがいいでしょう。

メール機能については他のレンタルサーバーを利用している場合は、そこでメールアドレスを取得できることが普通ですので、そういった人の場合は1位、2位のメール機能は不要でも問題ないでしょう。

2位のcorepressについてはアクセスが上限を超えると課金されてしまうことから、上位プランを選ぶという選択肢はあるものの、そうすると月額500円の比較の範囲外ということになります。また、上位プランにする必要はなく1位のwpxクラウドを選択するのがおすすめとなります。

しかし、ドメインが1個なので複数サイトを運営したいという考えがある人は1位のwpxクラウドは選択肢からはずしましょう。

1位、2位、3位それぞれ長短がありますので、利用方法をしっかり考えた後悔のないサーバー選びをしましょう。

 

-比較

Copyright© 【レンタルサーバー比較ランキング+α】"おすすめNo1"が分かるサイト , 2019 All Rights Reserved.