Q&A

【レンタルサーバー】共用サーバーとvpsの違いって何??

投稿日:

レンタルサーバーと契約をしている多くの人は、

共用サーバーというものを使っています。

違う言い方をして見ましょう。

共用サーバー

共用サーバーのイメージ

広い空間にみんな一緒に生活するイメージをしてみてください。

合宿や、あまりありませんが大人数で住むシェアハウスなんかがイメージとしてはいいかもしれません。

・建物の敷地からその住む場所の大きさなど、全て建物を管理する管理人がするわけです。

→共用サーバーの場合、管理は全てサーバー会社がしていますよね。

例えば、このサーバー自体のメモリはどうしようとか?HDDの大きさ、また障害があった場合もサーバー会社が対応してます。

 

・シェアして一緒に住んでいるわけですから迷惑をかけてはいけませんよね。そうすると、生活するうえでの一定のルールもあります。

自分の生活するスペースが狭いからとそれを広くする事はできません。

→サーバーの速度が遅いから速くしたいとか、HDDの容量を勝手に増やす事も出来ません。全てサーバー会社が決めています。

共用サーバーのまとめ

(長所)

・シェアハウスは「みんなで生活」をしているのでその分安くなります。

→レンタルサーバーの共用サーバーもこれと同じでみんなで使っているわけです。みんなでシェアして使っているわけです。ですので、共用サーバーは安いのです。

・屋根が壊れた場合、つまりサーバーだと障害があった場合

→全て管理人、サーバー会社の管理人がやってくれるわけですし、お金もかかりません。

(短所)

・様々なこと(ルール)が管理人によって決められている。

→メモリを増やしたいとかそういったことは出来ないわけです。

 

vps

vpsのイメージ

それでは今度はvpsの番ですね。

同じような感じで話してみたいと思います。

先ほどの共用サーバーはみんなで一緒に住むシェアハウスでしたが、

今度はどういった感じになると思いますか?

少しイメージがわいたかもしれませんね。

今度はシェアしなくてもよく、自分の部屋が持てるイメージをしてみてください。みなさんは小さい頃から自分の部屋ってありましたか?

そんな感じで自分の部屋が持てる!これはかなりうれしい事ですよね。

自分だけの空間ですから。

どうですか?

共用サーバーはシェアハウス

vpsは自分だけの部屋がもてる

少しだけ分かってきたような気がしましたか?

(長所)

・自分の部屋なので、思う存分というと母親に怒られてしまいますが、ある程度自分の好きなように自由に出来るわけです。

→メモリはこれにしよう、HDDはこのくらいにしよう、OSはこれを使おうと・・全て自分が決める事ができるわけです。

※実際はサーバー会社が大枠を決めています。

メモリはこのくらいまで、HDDもこのくらいまで、OSはこの10個あるうちのどれかにしてねといった感じである程度の大枠はあるわけですが、その中で自由にサーバーを構築する事ができます。

(短所)

・サーバーの構築をある程度自由にできる反面、それを自分でしないといけません。つまり、Linux等の知識・経験が必要になります。

※絶対に必要なわけではなく、使いながら勉強する事も十分に可能

 

それではどういった人がvpsを使うべきなのか?使ったらいいのか?

と思いますよね。

共用サーバーよりvpsを使う方がいい人

①お金は共用サーバー並みだけど、もっとさくさくしたサーバーにしたい

②動画配信・音楽配信などのコンテンツ配信サイト

③オンラインゲーム、アプリケーションサイトを作ろうと思っている人

④Javaを使う場合

LinuxやUNIXコマンドを使ったり、ローカル開発でそういったサーバー環境を構築という壁があるため、なかなか手が出しづらい部分もありますが、vpsの場合はマニュアルが親切であったりとかなり取り組みやすいと思います。特にさくらのマニュアルはかなり分かりやすいです。

また最近は、サーバー会社が代わりにやってくれて、知識はあまりなくてもvps、クラウド、専用サーバー等を使える場合もかなり多くなっています。

-Q&A
-,

Copyright© 【レンタルサーバー比較ランキング+α】"おすすめNo1"が分かるサイト , 2020 All Rights Reserved.